スキンケアは成分にこだわります

アンチエイジングを考える人にとってスキンケアは重要な問題です。老化を遅らせ良いコンディションを保つ成分とは。

サイト内検索(by Google)

アンチエイジングのスキンケアに必要な美容成分とは

当然のことですが、人間誰しも年をとればだんだんと体の内外に疲れが出てきます。若かった頃は少々疲れても一晩眠れば回復しますが、次第にそうは行かなくなってきます。そして肌にも加齢による影響は少しずつ現れてくるのです。ここでは女性に焦点をしぼって話を進めたいと思いますが、特に閉経を境にして女性はそれまで分泌されていた女性ホルモンの量が激減するため、そのホルモンで保たれていた肌の潤いが急速に失われる傾向があります。更に加齢で皮膚が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)も若い頃のようにスムースに進まなくなり、その結果皮膚がくすんで見えてくるように。そして皮膚のもっと深部の真皮層に内在するコラーゲンやエラスチンといった弾力を保つ成分も減少してくるのです。こうした肌老化への対策としてまずは極力紫外線を浴びぬよう、UVケアに気配りをすることが上げられます。紫外線の中には肌に有害な成分があるため、夏場に限らず日頃からUVカットができるクリームをつけるなどの対策が必要です。

その次に上げられるのは、前述した皮膚のターンオーバーを正常に近づけ、皮膚内の弾力をアップさせる美容成分を含む基礎化粧品を使ってスキンケアをすることです。お肌の活性化には、繊維芽細胞という体内の細胞が活発に動くよう手助けする必要があるのですが、その為に有効な美容成分にはいくつかあるのですが、その筆頭にはまずビタミンCが上げられるでしょう。本来壊れやすい成分なので皮膚に浸透させるのが難しかったこのビタミンC、現在は研究が進み高濃度安定型ビタミンCが登場。従来より効率よく皮膚内に浸透させることができるようになりました。ビタミンCはコラーゲンを育成します。加えて美白作用もあります。ビタミンCに続く有効成分としては、レチノールが上げられます。こちらはターンオーバーを促進し、厚ぼったくなった表皮を薄くしてくれます。この他女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンなども最近注目のアンチエイジング成分です。

オススメのサイト



Copyright(c) 2017 スキンケアは成分にこだわります All Rights Reserved.